読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいらん 〔2014年8月8日〕

1.廃品回収 台風で予備日も流れたら。予備日の予備日は8月16日(土)午前中

大型の強い台風 11号で、8月 9日(土)予定の町内会の廃品回収は、実施困難のようです。予備日は、翌日の10日(日)です。予備日もダメだった場合のお知らせをします。回収業者と協議した結果、8月16日(土)に実施することにしました。よろしくお願いします。

※ 廃品回収は8月16日(土)午前中に実施となりました!

2.お盆期間中も古井町内会事務所は開いています。

市役所同様に古井町内会事務所を開けています。ただし、3人(町内会長・副会長・事務員)のうち、事務所は一人がつめ、二人は休みを取らせていただきます。緊急時の対応は、休み返上で対応します。

ご訃報・転出入などありましたら、その都度ご連絡下さい。

3.七夕飾りと盆踊り大会にご参加・ご協力に感謝します。

今年も安城市七夕まつりに協賛して公民館前に吹流しや、くす玉など飾りました。材料の竹は、(株)アイテコ様と東中組の渥美様の竹やぶからいただきました。また、イーグル子ども会様・四ツ葉子ども会様・俳句の会様・朝起き会様など多くの方々に短冊を書いてもらいました。七夕飾りを見に来た人が、短冊を手にとって楽しそうに読んでいました。また、大久後の方から街で使われていた飾りをいくつか頂きました。
20140728 18.21.15 古井町内会たなばたかざり

今年も南部青年団の企画で盆踊りができました。友達同士、親子であるいはお孫さんと一緒に参加していただきました。子どもも大人も、踊りの輪に入って、元気いっぱい踊りました。消防団古井分団も消防自動車を出して緊急時に備えつつ盆踊りにも参加し、存在感をアピールしていました。JA古井支店の職員の皆様にも参加していただきました。支店長さんも終始踊りの輪に入って下さいました。農協観光の皆様の参加もありました。

青年団の実情を紹介します。新入会員が入らず団員の減少により、例年の活動ができなくなっているとのことです。盆踊りに来ていただいた青年団の皆さんの何人かはお子様連れの青年団OB・OGでした。喜多徳幸団長さんに頼まれての参加でした。また、桜井や箕輪・和泉の青年団員も来てくれました。ほとんどが古井町外の皆さんでした。昨年度も同様でした。このような現状の中、毎年南部青年団が行ってきた南部小学校での盆踊りは、できなくなりました。

安城市青少年の家が指導している青年団協議会も窮地に立っていて、安城市青年団が消滅することが懸念されています。今まで、ごく当たり前に青年団に盆踊りをお願いしてきましたが、来年は、青年団を当てにできないかもしれません。盆踊り存続の声が大きい場合は、町内の有志の方々や青年団OB・OGを中心とする実行委員会組織で企画することになると思います。古井町内会は、可能な限り青年団を支援していきます。

4.防災訓練をゆたか保育園で行います。9月28日(日)午前中

ゆたか保育園の園舎が2月に完成して半年になります。最新の機能と設備の保育園として視察も多いそうです。保護者の喜びの声も大きいようです。ゆたか保育園は災害時の一般避難所となっています。古井町の集落のほぼ中央に位置していることでもあり、防災訓練をゆたか保育園で実施するべきだと考えています。

防災訓練は、今年も、班長様に全世帯安否確認をしていただき、避難所となるゆたか保育園で組長様に報告してもらいます。その後は、安城市危機管理課のご指導で防災学習となります。

現代社会は、少子化・高齢化・核家族化により、ますます、地域の支え合いや家族の絆が希薄化・弱体化しています。古井町内会が取り組む全世帯安否確認は、5年目になります。地域の支え合いの大切さを再認識することが出来たのではないでしょうか。せめて、同じ班の人同士、顔と名前が分かり、気楽に声を掛け合い、災害時に手助けが必要な人のことをすぐに思い浮かべられるようになっていたいものです。町内会の回覧板や、各種募金で班長様が各世帯をたずねていただいていることも、地域福祉や防災・防犯の力に結びついていると思います。

5.虫かご(昆虫の観察箱)を欲しい方にさしあげます。8月13日(水)~ 先着順

町内の方から、透明のプラスチック製「昆虫の観察箱」をいただきました。3種類、数個ずつですが、欲しい方にさしあげます。8月13日(水)から先着順とします。鈴虫の音を楽しむこと、メダカなどの水槽としても最適だと思います。

むしかご
水そう=横30×たて20×高さ25 (cm)
右の虫かご=横18×たて12×高さ10(cm)
左の容器=直径12×高さ15(cm)

6.そのほかのおしらせ

  • 住居に近いところでの、枯草の焼却は、くれぐれも気を付けて下さい。町内会にたびたび苦情が入ります。土から出たものは土に返すという循環型生態系の観点から、ゴミ減量や害虫駆除に有効だと思いますが。
  • お供えや氏子入り・初宮参りなど古井神社関係の受付も町内会へどうぞ。子ども神楽の男子若干名募集継続。
  • 安城市福祉まつりチャリティーバザー用品の寄贈を受付けています。9月10日(水)までに町内会へ。

2014年8月8日
古井町内会長 杉浦正之