読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防犯プレートの取り付け方

防犯プレートのとりつけかた
〔拡大〕

≪取り付ける場所≫

  • 外≪通り≫から目立つところ。侵入されやすいところ。
  • 玄関周辺、ガラス窓(透明ガラスならば内側からでもよい)、壁、格子戸、フェンス
  • 風で飛んで行かないようにしっかりつけて下さい。
  • 防犯プレートの四隅の穴をうまく使って下さい。

≪使う道具や資材≫

  • 両面テープ・ガムテープ・結束バンド・ひも・板・画鋲・ボンドなど、

≪留意点≫

  • 屋敷が広い家や、同一敷地内2世帯の家、通りに面していない所も心配な家など、2枚か3枚取り付けたい場合は、町内会にもらいに来て下さい。
  • お一人暮らしや取り付けが大変そうな方には、お手伝いしてあげて下さい。
  • ご近所で相談し合うことも防犯力を高めることになります。

≪取り付け例≫

  1. 古井町公民館の玄関右のタイルの壁面に取付けました。両面テープを使いました。
  2. トタン板の倉庫の壁面に取付けました。強力なセロテープを使っていますが、劣化やテープの粘着剤がなかなか取れない心配があります。
  3. 結束バンドでとめてあります。結束バンドは、格子の太さによって、長短を使い分けて下さい。
  4. ベニヤ板に画鋲でとめてあります。板をひもで結んでぶら下げるのもよいと思います。風でがたがたして煩わしくなるかもしれません。